女性主体で避妊を行う

Medicines

避妊用のピルの良いところは、女性主体で利用できるところです。
悲しいことに、快感のためにコンドームの着用を拒む男性はかなり多く、そういった身勝手な行為のせいで傷ついてしまう女性はかなり多くいます。
しかし、ピルは女性が服用することによって体の内側から妊娠しにくくするものなので、女性主導な分、かなり効果的に避妊を行えるといえます。確実に避妊を行いたい場合は、コンドームの着用はもちろん、ピルも併用するとよいでしょう。

避妊用のピルには、低用量ピルとアフターピルの二種類があります。
低用量ピルとは、性行為の前に服用することで妊娠しにくい体を作るものです。これは行為の直前に飲むというよりは、毎日服用することによって妊娠しにくい体を作るというものです。
低用量ピルは正しく服用することによって100%に近い避妊率を実現できます。もっとも高確率で避妊できる方法だといえるでしょう。
ただ、薬を飲む順番が決まっており、順番を間違えたり、飲み忘れがあった場合は避妊効果が得られなくなってしまうので、細心の注意が必要です。
対してアフターピルは行為の後に服用することで避妊効果を発揮する薬です。一般的には避妊に失敗してしまった際や、性犯罪の被害にあった女性が利用することが多いです。
アフターピルは低用量ピルよりも強力な作用があり、排卵を抑制したり、子宮内膜への着床を妨げることによって避妊効果を発揮します。
行為からなるべく間隔をあけずに服用するのが望ましく、72時間以上の間隔があいてしまうと効果を発揮しなくなるといわれています。(アイピルの場合)
アフターピルはメインで避妊を行うものではなく、あくまで避妊をサポートしてくれるものだと認識しておきましょう。コンドームでの避妊が失敗した場合や、低用量ピルを飲み忘れていた際に使用する最終手段だと思っておいてください。