病院に行かずに手に入れる

Girl so sad

避妊用のピルは、産婦人科で処方してもらうのが一般的です。低用量ピルもアフターピルも保険適用外になっていることが多いので、ある程度の金額は覚悟しておいた方がよいでしょう。
ただ、避妊のためのピルを病院にもらいに行くことに抵抗を感じる方も多いかと思います。特にアフターピルの場合は診察や問診で羞恥心を覚える可能性が高いです。
しかも、アフターピルは避妊失敗してすぐに病院に行く必要があるので、かなり大変です。時間的な余裕がないためにアフターピルが間に合わないこともあるでしょう。
こういった事態を避けるためにも、アフターピルは通販で事前に購入しておくことをオススメします。

アフターピルは薬事法で日本国内での販売方法が規制されているので、入手するためには産婦人科に行く必要があります。
ただ、日本の薬事法は国内での販売方法を指定しているだけなので、海外から個人輸入を行うことでアフターピルを手に入れることができます。
ネット上には海外の薬を扱っている通販サイトがかなり多く、それらは個人輸入を代行してくれますので、普通の通販と同じような感覚でアフターピルが購入できるようになっています。
ネットの個人輸入の場合は恥ずかしさを感じることなく購入できますし、診察料などがかからない分安い金額で手に入れることができるので、非常にオススメです。
海外の薬ということで不安を感じる方も多いかと思いますが、個人輸入代行サービスで扱っている薬は安全性が確認されて、海外では市販されているものばかりなので、安心して使っていただけます。
特にアフターピルなら「アイピル」などの有名なものを購入すると良いでしょう。